河原書店刊『茶道雑誌』のご紹介

令和2年8月より、家元不審菴の特別協力により、河原書店のとりくみとして表千家茶道を愛好される読者の皆様に特集企画がはじまっております。ぜひご購読をおすすめいたします。

不審菴編茶道講座

今の厳しい状況のもとで日々喫するお茶、その稽古の一例、そして平常時の茶の再興に向けて、段階に応じた実践の手がかりを紹介いたします。
令和3年9月号 風炉 男子 長板二ツ飾薄茶
長板に風炉と水指を置き、男子の薄茶点前を取り上げます。長板は風炉の敷板とは少し違うと考えたほうがよいでしょう。

令和3年8月号 風炉 女子 竹台子一ツ飾濃茶 -その二-
風炉の敷板について、左右のバランスはどのように整えれば良いか、およその基準を示しておきます。点前は先月号より続きます。
9月30日まで期間限定で内容の一部をご覧いただけます。


「おうちでお茶を楽しむ」

さまざまなジャンルで茶の湯をたしなんでおられる方々に、毎月リレー形式でお話をいただくコーナーです。
普段どのようなお気持ちでお茶をたのしんでおられるか、お茶のある日々、心豊かな生活文化の実践例を、ぜひお楽しみください。
令和3年8月号 三木町宣行宗匠(表千家同門会理事長)
最終回は表千家同門会理事長、三木町宣行宗匠にお話しを伺いました。
日々の稽古の大切さ、お茶をいただく喜びをお話しいただき、お茶はどの年代からでも、何時からでも始められるものです。これからも日常にお茶があることを大切に思っていただき、「おうち」でも「外」でも、以前にも増してお茶を楽しんでいただきたいと思っていますと、結ばれました。

9月30日まで期間限定でご覧いただけます。


『茶道雑誌』 Facebookページはこちらまで    
出版物

表千家の本

表千家のDVD・ビデオ

『茶道雑誌』のご紹介

出版物価格改定のお知らせ