河原書店刊『茶道雑誌』のご紹介

8月より、家元不審菴の特別協力により、河原書店のとりくみとして表千家茶道を愛好される読者の皆様に特集企画がはじまっております。

不審菴編茶道講座 略点前 柄杓を用いる場合

今の厳しい状況のもとで日々喫するお茶、その稽古の一例、そして平常時の茶の再興に向けて、段階に応じた実践の手がかりを紹介いたします。
今回は引き続き略点前で、柄杓を用いる場合をとりあげます。略点前に込められた即中斎宗匠のお心を訪ね、今日の日々のお茶の大切さを見出すきっかけとなることを願います。


「おうちでお茶を楽しむ2」永樂善五郎さん(千家十職 土風炉・焼物師)

さまざまなジャンルで表千家のお茶をたしなんでおられる方々に、毎月リレー形式でお話をいただくコーナーです。
普段どのようなお気持ちで表千家のお茶を楽しんでおられるか、お茶のある日々、心豊かな生活文化の実践例を、ぜひお楽しみください。
第2回は、千家十職 土風炉・焼物師の永樂善五郎さんです。お茶がつくる生活のリズムと、厄除けの願いを込めてつくられた鍾馗さんを描いたお茶碗について、お話しいただきました。


『茶道雑誌』 Facebookページはこちらまで    
出版物

表千家の本

表千家のDVD・ビデオ

『茶道雑誌』のご紹介

出版物価格改定のお知らせ