河原書店刊『茶道雑誌』のご紹介

8月より、家元不審菴の特別協力により、河原書店のとりくみとして表千家茶道を愛好される読者の皆様に特集企画がはじまっております。ぜひご購読をおすすめいたします。

不審菴編茶道講座

今の厳しい状況のもとで日々喫するお茶、その稽古の一例、そして平常時の茶の再興に向けて、段階に応じた実践の手がかりを紹介いたします。
令和3年3月号 炉 男子 抱清棚濃茶 - その一 -
今回は炉で、濃茶を取り上げます。棚は抱清棚を用います。基本に立ち返り ながら、自分なりに試行錯誤し、工夫を楽しんでみましょう。

令和3年2月号 炉 女子 好文棚 薄茶
先月号で紹介した「七畳敷」と「無一物」について少し説明を加え、点前は好文棚を用いた女子の薄茶点前を取り上げます。
3月31日まで期間限定で内容の一部をご覧いただけます。


「おうちでお茶を楽しむ」

さまざまなジャンルで茶の湯をたしなんでおられる方々に、毎月リレー形式でお話をいただくコーナーです。
普段どのようなお気持ちでお茶をたのしんでおられるか、お茶のある日々、心豊かな生活文化の実践例を、ぜひお楽しみください。
令和3年3月号 河田昌之さん
第8回は、和泉市の久保惣記念美術館の河田昌之館長です。 美術館に展示されている美術品が、お茶会で茶室にあると雰囲気が変わります。お茶の世界を通じて、美術品に別の価値観が見いだせたのは、ありがたいことでしたと、お話しいただきました。

令和3年2月号 花山院弘匡さん(春日大社宮司)
第7回は、春日大社宮司の花山院弘匡さんです。お茶は嗜みであり文化であるとともに、健康のためにも大切なものです。人々を救う仙人に由来する伝来の茶杓でお茶を楽しみ、自らを律し、コロナ退散の祈願を続けていきたいと、お話し下さいました。
3月31日まで期間限定でご覧いただけます。


『茶道雑誌』 Facebookページはこちらまで    
出版物

表千家の本

表千家のDVD・ビデオ

『茶道雑誌』のご紹介

出版物価格改定のお知らせ